Messageメッセージ

【代表】山本 大鷹(たいよう)

1993年10月18日生まれ 28歳


【小学生時代】
少年野球に通いながら、万年補欠。ひたすらベンチを温める。
体も細く虚弱体質(笑) 友達のお父さんからのあだ名は「アンガールズ田中」
部活では野球部がなく、ソフトボール部に入部。
先輩に球の速さを認められ、ピッチャー1番バッターを任されるが、
公式大会の初球で相手校にホームランを打たれる。


【中学時代】
友達にハンドボール部に誘われて入部、身長が158cmから172cmに成長。
鬼のハンド部と言われ、とてもキツかった。。
朝練は7時に始まり、試合が近づくと授業終わり夜7時まで練習をする。
日々の過酷な練習を耐え、何とかレギュラー獲得。
センターポジションを任され、けっこう点が決まって市内優勝する。
当時の監督のあだ名は「モーフィアス」←ほぼスキンヘッドでグラサンを着用していたため。
シュートが外れてボールが監督の顔面に直撃した時は、生きた心地がしなかった。


【高校時代】
岡崎城西の特進コースに進学。
授業態度が悪かったため、一気に一番下のコースに落とされる。
特にやりたいことがなかったので、筋トレがしたくてトレーニングジムを使う目的で陸上部に入部。
何でもよかったので、投擲種目のやり投げを選んだ。
オリンピック選手を多く輩出する部活で圧倒される。
練習も非常にハードで身長172cmから183cmに成長。体重65kgから78kgに増量した。
最初の大会で西三河2位を取り喜んでコーチに報告する。コーチからは「ここではインターハイが当たり前だ!」と言われ
愕然とする。
高校3年生で勉強を盛り返し、特進コースに復帰する。
名古屋外国語大学に進学する。


【大学時代】
ヒップホップの音楽が好きで、友達3人でラッパーのグループを作る。
ヒット曲の出ないまま、自然解散。笑

単身で留学へ行く。(オーストラリア)

オーストラリアのアルバイト先で言われた言葉は
You are Useless!(お前は役立たずだ!)
言葉の意味が分からなかったので、笑顔でYesと言うが
後ほど辞書で調べて、寝込んだ。
その後世界各国に友達が出来て、ヨーロッパを旅する。


【帰国後】
大学のトレーニングジムに通う。
世界マスターズ三連覇のコーチに出会う。
トレーニングの極意を日々叩き込まれる。
オリンピック選手や世界のトップアスリートから練習方法を聞いて毎日メモする。
4年振りに陸上に復帰する。
23歳以下のマスターズの大会に出場し、日本新記録を樹立する。


【卒業後】

特にやりたいこともなかったので、高級車に乗れればいいやくらいの感覚で
輸入車ディーラーに就職。

車のモデルとお客様に恵まれて、入社1年目で予約台数トップの売り上げを獲得。
お金も仕事も困ることはなかった。
しかし、自分の中で何か違うな〜とモヤモヤしていた。
その気持ちをリフレッシュさせるために、会社帰り毎日ジム通いをした。

毎日ジムに通っていると「ハッ!!」とすることが思いつく。
そのトレーニング!!間違ってますよ!!
言いたいけど言えない、見知らぬ人に、、
高校、大学とずっと後輩や友達にトレーニングを指導してきたので、
このトレーニングをすればもっと効果的に鍛えれるのに!!と思ってしまう。

そこで「トレーニングを教えよう!!」と思いつく。

しかも、トップアスリートから学んだ誰も知らない練習法で!!

そこでパーソナルヒップトレーニングジムを蒲郡を拠点にスタート、現在長久手に2店舗めをオープン。
子どもから大人まで通えるように
小学生、中学生には体幹トレーニングを指導中。

▼Instagram

https://www.instagram.com/5rillahip/

▼YouTube

https://youtube.com/channel/UCoAq8XTfp1ost_A4SvX3r3A


COMMENT
私が本格的に筋力トレーニングを始めたのは高校1年生の頃からになります。
スポーツ校の陸上部に所属しウエイトトレーニング、有酸素運動などを学びました。
陸上というスポーツを通して体の構図や、どのようなトレーニングが効果的なのか身をもって体感することが出来ました。
トップアスリートの選手達は毎日ハードなトレーニングをして競技の結果が良くなることを追求しています。
しかし、どのようなスポーツにおいても下半身を強化するということは1番大切です。
体の動力部分である腰回りの筋肉をしっかりつけることにより、身体能力も上がって行きます。
そしてさらにその動力部分を追求すると「おしりの筋肉」に直結します。
おしりを鍛えることにより様々な効果が期待出来ます。
「ヒップアップ」「ダイエット」「美脚効果」「姿勢」「腰痛、肩こり予防」「将来腰が曲がらない」などです。
ジムの名は「5rilla」となっています。その由来は「ゴリラにならない」という意味です。
ゴリラの見た目にならないということではありません。
ゴリラと人間の違いは様々ありますが、大きなポイントはゴリラは4足歩行で、人間は2足歩行ということです。
ではなぜゴリラはあんなに大きな体をしていて、強靭な筋力を持っているのに2足歩行できないのでしょうか?
それは「おしりの筋肉」が人間よりも少ないからです。
ゴリラは体の大きさに対して、人間よりも圧倒的におしりの筋肉が足りていません。なのでゴリラは一時的に2足で立ち上がることはあっても2足歩行で行動することは出来ません。
将来腰が曲がってきたりするのも、だんだんおしりの筋力が弱ってきて曲がってきます。そうならないためにもヒップトレーニングをして
「美尻」「ダイエット」「美脚効果」「姿勢」「腰痛予防」の5つのポイントを5rillaで叶えましょう!!

PAGE TOP